直径公差

G & O ばね知識:直径公差

  • ばね知識
  • 直径の公差を正確に計算することが大切です。

    ばねを設計する際には、直径の公差を正確に計算することが大切です。圧縮コイルばねの場合、ばねの作動長さでの伸びを考慮し、たわみによる胴曲りとねじれを計算に入れる必要があります。ねじりコイルばねはたわみにより巻かれ長さが伸びます。

    時々、作動中の穴の内側との摩擦で外径が削られた状態のばねを見ることがありますが、これは始めから簡単に避けられる事態です。

    さらに避けたいのは、圧縮コイルばねがロッドに近すぎる状態で作動することで生じる欠陥です。 圧縮コイルばねの最大荷重点は常に内径にあり、ここでの接触はいずれも早期損傷の原因となります。 .

    直径の公差として、±.0,254mm (.010″)(標準)、または±.0,127mm (.005″)(内径公差が±0,127mm (.005″)以下の仕様の部品は100%の機能検証のためにプラグゲージが必要)を推奨します。

    穴の内径クリアランスの計算方法についてお問い合わせください .

    品質保証 | APQP | PPAP | MSA | PFMEA

    • cert_as9100
    • cert_nadcap
    • cert_ads21
    • cert_cyber-essentials
    • cert_disability
    • Joscar Registered
    aeroplane on runway
    G&O continue to provide an excellent service, meeting 品質トップページ requirements and ensuring customer satisfaction, whether that is issue resolution or general enquiries. Ross Mitchinson Supplier Lead - Moog Aircraft Group
    Chat with G&O