ホットプレストレス処理

G & O ばね知識 – ホットプレストレス処理

  • spring ホットプレストレス処理
  • ばねの応力緩和をさらに減らし疲れ強さを上げる方法

    ホットプレストレス処理 はプレストレスの優れたバージョンであり、かなりの複雑さを追加します。このプロセスは通常、スプリングが高温で動作していて、緩和が問題になる場合に使用されます。

    工程では密着高さで固定したばねに、その状態で一定時間ばねの最高作業温度で熱処理を加えます。 これによりばねは人工的に時効化し(寿命は短縮されません)、その結果長さが短縮されます。 正しい力のばねを作るには、この長さの短縮を計算に入れ、処理後のばねの長さが正確である必要があります。

    非常に繊細な用途では、使用前に固定した状態でばねを保管するのがベストプラクティスとなっています。ストレスが加えられていない状態でしらばらく保管されると、ばねがホットプレストレス処理前の元来の長さに伸びてしまうことがあるからです。

    この工程は、取り付けた時よりも寿命の終わりにおいてばねを強化し、耐応力緩和特性を大幅に改善します。

    ホットプレストレス処理 圧縮、伸長、時計、ねじりばねに適用でき、すべてこの手順の恩恵を受けます。

    手順: ばねに正しくホットプレストレス処理が施されたかを確かめるには、ばねの自由長さを測ってから、2枚の平行したプレートの間に挟み慎重に(押し砕くことなく)密着高さまでばねを圧縮してから、再度自由長さを測ります。 ばねの高さが減っていた場合、プレストレス処理は不完全であったと言えます。 ばねが固定された状態で保管されていなかった場合、ばねを5回圧縮する必要があります(これは保管中に伸びたばねの長さを戻すためです)。 .

    弊社がばね設計に使用するソフトウェアは、この工程の効果を予測します。ばねの無料デザインレビューをご希望のお客様はお問い合わせください。 .

    品質保証 | APQP | PPAP | MSA | PFMEA

    • cert_as9100
    • cert_nadcap
    • cert_ads21
    • cert_cyber-essentials
    • cert_disability
    • Joscar Registered
    aeroplane on runway
    G&O continue to provide an excellent service, meeting 品質トップページ requirements and ensuring customer satisfaction, whether that is issue resolution or general enquiries. Ross Mitchinson Supplier Lead - Moog Aircraft Group
    Chat with G&O