荷重公差

G & O ばね知識 – 荷重公差

  • spring 荷重公差
  • ばねはエネルギーを蓄積するパーツ、大切なのはばねが生成する力

    ばねはエネルギーを蓄積するパーツで、一般的に安全な作動のためにもっとも大切な要因は、ばねが生成する力です。 ばねが正確に作られ機能することを確かめるため、すべてのばね設計図で必ず2つの荷重位置(できればばねの作動範囲を定める2点)を指定するようおすすめします。

    これをすることで、ばね率だけでなく、ばねの自由長さ(ねじりコイルばねの場合は自由位置)を自動的に制御します。 2つの荷重位置が指定されている場合、通常自由長さの公差は設定されません。長さ、直径、巻数の同じ2つのばねでも、材料係数とばね全体の線のサイズと楕円値のわずかな違いにより異なる力を放出するからです。 .

    両方の荷重位置において標準の荷重公差を± 5%(場合によって±1%まで下げられることもある)に設定することを推奨します。 .

    注意すべき重要な点の1つは、材料のプレストレス範囲内の荷重位置にあるすべてのばねに引っかき傷を付ける必要があることです(圧縮ばねの場合、理想的には固体長に圧縮されます)。これは、関連するプレストレス処理を確実にするために、負荷検証の前に行う必要があります 実施されました。 この工程はへたりを除去するだけでなく、ばねの応力緩和を最小限に抑えます。 .

    より厳しい公差についてはお問い合わせください .

    品質保証 | APQP | PPAP | MSA | PFMEA

    • cert_as9100
    • cert_nadcap
    • cert_ads21
    • cert_cyber-essentials
    • cert_disability
    • Joscar Registered
    aeroplane on runway
    G&O continue to provide an excellent service, meeting 品質トップページ requirements and ensuring customer satisfaction, whether that is issue resolution or general enquiries. Ross Mitchinson Supplier Lead - Moog Aircraft Group
    Chat with G&O