プレストレス処理

G & O ばね知識 - プレストレス処理

  • spring プレストレス処理
  • ばねの応力緩和を減らし疲れ強さを上げる方法

    プレストレス処理(圧縮またはへたり除去とも呼ばれます)は、ばねの相対的性能を改善するだけでなく、ばねの応力がプレストレスの範囲内であれば材料の許容応力制限を改善し、疲労寿命を伸ばします。

    プレストレスではばねは必要より長く作られ、密着高さまで圧縮(プレストレス)された時、元の長さに戻らないようにします。 製造業者はこの長さの損失を計算に入れ、プレストレス後の長さを正確にしなければいけないため複雑さは増しますが、正確に行われた場合、ばねの長期的な耐応力緩和特性は大幅に改善します。 プレストレスは安定させるため5回以上行うのがベストプラクティスとなっています。

    圧縮コイルばね、引張コイルばね、ねじりコイルばねは、(材料がプレストレスの範囲内であれば)プレストレスを施すことによる効果を得られます。

    手順: ばねに正しくプレストレス処理が施されたかを確かめるには、ばねの自由長さを測ってから、2枚の平行したプレートの間に挟み慎重に(押し砕くことなく)密着高さまでばねを圧縮してから、再度自由長さを測ります。 ばねの高さが減っていた場合、プレストレス処理は不完全であったと言えます。

    品質保証 | APQP | PPAP | MSA | PFMEA

    • cert_as9100
    • cert_nadcap
    • cert_ads21
    • cert_cyber-essentials
    • cert_disability
    • Joscar Registered
    aeroplane on runway
    G&O continue to provide an excellent service, meeting 品質トップページ requirements and ensuring customer satisfaction, whether that is issue resolution or general enquiries. Ross Mitchinson Supplier Lead - Moog Aircraft Group
    Chat with G&O